1. ホーム
  2. 製品・サービス
  3. ファイナル丸ごとバックアップ
  4. 動作環境・注意事項
イメージバックアップソフト ファイナル丸ごとバックアップplus 画面に従ってクリックするだけ!パソコンの状態を丸ごと保存 HDDを丸ごとイメージとして保存、ファイル・フォルダ単位で戻し可能、作業しながらのバックアップも可能

動作環境・注意事項

  • 【動作環境】
  • ■ 対応機種:PC/AT互換機
    ※CDブートを使用する場合はCDブート対応
  • ■ OS:日本語版 Windows 8/ Windows 7/Windows Vista/Windows XP(XPを除き32bit・64bit両対応)
    ※サーバーOSには対応していません。
  • ■ CPU:上記のOSが正常に動作し、かつ1.0GHz以上のIntelまたは互換CPU
  • ■ メモリ:上記のOS が正常に動作し、かつ512MB以上のRAM(1GB以上を推奨)
    ※作成した起動可能なディスクから起動して、システムドライブを復元する場合は、1GB以上のメモリが必要です。
  • ■ ディスク:50MB以上の空き容量
    ※他にバックアップファイルを保存するための空き容量が必要
  • ■ ディスプレイ: 65536 色 XGA 解像度
  • ■ ドライブ: 2倍速以上のCD-ROMドライブ
  • ■ 512MB以上のUSBメモリ(起動用USBメモリを作成する場合)
  • ■ インターネット環境(ライセンス認証、及びオンラインアップデートの際に必要)

【サポートされるファイルシステム】
本製品ではバックアップ方式として3つのタイプを提供しています。
各方式によりサポートされるファイルシステムが異なります。

●使用中セクター方式[既定の方式]
ドライブ内で使用されているセクターのみをバックアップします。この方法では、バックアップを保存するディスクスペースも小さく、また処理時間も短くて済みます。

●全セクター方式
未使用領域や消去された領域を含めて、すべてのセクターをバックアップします。この方式では、バックアップ元のドライブからすでに消去されたデータのあるセクターもバックアップされますので、あとで弊社製FINALDATAのようなデータ復元ソフトでデータの復元を試みることも可能になります。また、オペレーティングシステムが認識できないファイルフォーマットにも対応できます。
拡張全セクター方式
全セクター方式と同様にすべてのセクターをバックアップします。この方式では、ドライブ全体が暗号化されている場合のみ有効です。通常、この方式を選択することはありません。
【サポートされるインターフェース】
Windowsが直接サポートしているインターフェースをサポートしています。
【サポートされるディスク環境】

*※ダイナミックディスクには一部条件あり、注意事項を参照

【注意事項】
  • 本製品は、インストールまたは実行するPCを1台に特定し、ご使用ください。複数台のPCで使用される場合、台数分のライセンスをご購入ください。
  • ディスクにエラーや不良セクタがある場合、正常にバックアップや復元ができないことがあります。
  • Windowsがセーフモードで起動している場合、本ソフトウェアを実行することはできません。
  • バックアップできるのは、物理的に接続されているローカルディスクやUSBハードディスクなどのみです。ネットワークドライブはバックアップできません。
  • バックアップファイルの保存先は、バックアップするシステムハードディスク以外の場所(外付けハードディスクやネットワークドライブなど)をお勧めします。内蔵のハードディスクに保存することもできますが、内蔵ハードディスクが故障した際にバックアップファイルは失われ、復元できなくなる恐れがあります。
  • 本ソフトウェアの実行には、管理者権限(Administrator)が必要です。
  • ファイルのバックアップの際、複数のディスク内のファイルやフォルダーを同時に選択すると、正しいバックアップが行われなくなる可能性があります。
  • 外付けハードディスクを使用してバックアップや復元を行う際には、外付けハードディスクが問題なくWindows から認識できていることをご確認ください。
  • 異なるハードウェアに復元する場合、すべての異なるハードウェアに適応することは保証しません。また、デバイスドライバの再インストールや、Windowsおよびアプリケーションのライセンスの再認証を行う必要があります。
  • ベーシックディスクのドライブ複製を行う際にダイナミックディスクの空き領域を複製先として指定すると、完了後に複製先のドライブにアクセスできなくなります。これはオペレーティングシステム上の仕様であるため回避できません。複製先のドライブにドライブ文字を手動で割り当ててください。
  • ダイナミックディスクのスパンボリュームのみ復元する場合、空き領域は選択できません。ディスクの整合性が取れなくなり、エラーが発生します。この場合は、Windowsのディスクの管理画面から十分な容量のあるスパンボリュームを作成し、そこに復元してください。
  • ダイナミックディスクのスパンボリューム、ストライプボリュームまたはRAID5 ボリュームの複製を行う際、ベーシックディスクの空き領域を指定すると、自動的にプライマリパーティション(拡張パーティションを指定した場合は論理ドライブ)に変換されて複製されます。 変換したくない場合は、ダイナミックディスクに複製するか、ダイナミックディスクそのものを複製してください。
  • オンラインアップデートを行うには、インターネット環境が必要になります。
  • 簡易マニュアルに記載されていない高度な機能の詳細ついては、オンラインヘルプをご覧ください。オンラインヘルプは、本ソフトウェアを実行しているときにF1キーを押すと表示できます。または、インターネットブラウザーで次のURLにアクセスしてください。http://backup119.jp/docs/marugotobackup/help/pro7/index.htm
  • 作成した起動ディスクは、起動用OSとしてWindows PEを使用しております。Windows PEの仕様により、OSの起動後72時間後に自動的に再起動がかかるという制限があります。

今すぐ購入無料体験版をインストール

PAGE TOP